Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鈴木半商事ごあいさつ

login

aboutus鈴木半商事について

時代のニーズをたぐり寄せ、求め、求められる存在に。|代表取締役 鈴木 敏明

「創業は易く守成は難し」という言葉があります。間もなく1世紀を迎える弊社の歩みは決して平坦なものではありませんでした。鈴木半商事株式会社の前身、鈴木半平商店の創業は大正13年(1924年)。第一次世界大戦後の反動恐慌「大正の暴落」、続く関東大震災の発生と、世情騒然とした状況下での向かい風の船出でした。創業者であり、初代社長の鈴木半平は、金融恐慌による取り付け騒ぎで開店休業が相次ぐ中、商売の手をゆるめることなく業績の拡大に尽力。第二次世界大戦の時期には軍需産業への転換を余儀なくされたものの、戦後の悪性インフレやオイルショックを乗り越え、常に時代の先を読んで新規開拓に努めてまいりました。「商売は口先だけではだめ。誠意を相手に訴え、人を見て法を説け」という創業者精神は、4代目経営者である私の中にもしっかりと息づいています。

時代の変遷とともに、弊社の事業内容や営業品目も変化し続けています。繊維業が盛んだった浜松において染料・工業薬品問屋からスタートし、撚糸の材料である小麦澱粉に着手。澱粉の知識を活かしたコーンスターチはやがて段ボール製造の糊材として弊社のメイン商品となりました。また、化学薬品、切削油、洗浄機、洗浄剤といった各種品目は、モノづくりの街、浜松をはじめ、東海地方の輸送機器産業の発展に貢献。機械、設備、副資材だけでなく、お客様の役に立つさまざまな情報や技術フォローを付加して提供することでご満足いただいております。また、多くのナショナル・リージョナルのユーザー様や仕入先様に支えられて商圏を拡大する中で、支店・営業所の数も着実に増え、各方面からのご要望に迅速かつきめ細かく応えられる全国ネットワークを構築しております。

手がける品目が新たな活路を開き、お取引いただくお客様が次のお客様との出会いを与えてくれる。これまでの歩みをふり返り、未来をまっすぐに見つめれば、そこにはいつもお客様の存在があります。逆境にもめげず、烈々たる闘志を燃やし続けてきた創業者と歴代社長のDNAを受け継ぎ、顧客第一主義で新たなニーズを開拓していくことが21世紀を担う私たちの使命です。今後とも鈴木半商事株式会社をよろしくお願い申し上げます。